TOP FORUM8デザインフェスティバル2015-3Days http://www.forum8.co.jp/

 第14回 3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウド
 
受賞結果    2015/11/24掲載

 グランプリ
 「杵築市城下町地区のまちなみ提案確認モデル」
 大分県杵築市
仮想建築コンペ−Build Live Japan 2015−の敷地、大分県杵築市城下町地区のまちなみを、点群データからVRモデル化し、提出案の3Dモデルをはめ込み市民に公開した。既存のまちなみと提案された建築がどう調和するかが、分かりやすく表現され計画が身近に感じられると好評であった。まちづくりにおけるVRの有効性を示す事例である。
12ヶ所の課題敷地それぞれに作品が配置されていて、カメラ位置「敷地01」〜「敷地12」に移動することで各敷地を見ることができます。アニメーションを実行すると、街並み全体の俯瞰視点や作品内部も見ることができます。また、シミュレーション設定で「設計前」と「設計後」を選択することで作品の有無を切り替えることができます。

 準グランプリ 優秀賞
 「遺跡復元VR」
 ソ.ラ.コンサルティング
昭和63年に発見された国史跡鴻臚館跡。福岡市中心部に位置し現在も発掘調査が続いている。歴史的にも重要な史跡を復元整備する為の検討が有識者の間で行われ、VRは関係者への基礎資料として作成した。また、当時の様子が目で見てわかる学習資料としても役立ち、資料館・行政HP上で市民に向けた広報に活用されている。
アニメーション「プレゼンテーション」を実行すると、鴻臚館跡の概要、歴史、復元イメージ等の一通りの説明を見ることができます。歴史の部分では時代ごとの規模の変化や建物形状の変化、復元イメージの部分ではかがり火などの夜間の景観イメージ等が表現されています。

 アイデア賞
 「VRを用いた地域住民への土石流対策事業に関する説明手法の提案」
 三井共同建設コンサルタント株式会社 関西支社
近年、全国的に土石流被害が多発しており、砂防ダム等による対策の推進が期待されている。ただし、事業化に際しては地域住民の理解が必要となるため、わかりやすい住民説明用資料の作成が重要となる。そこで、VRを用いた土石流被害リスク、砂防ダムの概要等に関する住民にわかりやすい資料を提案した事例を紹介している。
アニメーション「現状」・「発生2」を実行すると、急傾斜地での現状を確認し、実際に土石流が発生した場合の影響を見ることができます。アニメーション「工事施工後3」では、砂防ダムの設置について複数のタイプが切り替えて表示されます。アニメーション「動画入り」を実行すると、動画を交えた説明を確認できます。

 エッセンス賞
 「東高瀬川改修シミュレーション2015」
 京都市立伏見工業高等学校
私たちは、地域が抱える課題として東高瀬川の周辺環境の改善策を考えています。今年度は景観面のみならず、防災と施工もプラスしたより現実的な改善案を出すために、河川断面より流量計算や周辺の道路幅から使用可能な重機の調査をしました。そして河川断面を確保しながら地域の方々が集える空間を提案しました。
アニメーション(スクリプト)「東高瀬川 改善案 2015」の実行により、東高瀬川の近寄りにくく安全快適でない現状から、防災と施工を考慮した改善案とそこに至る過程を見ることができます。
検討のための流量計算や、周辺道路幅の実測の様子と通行可能な重機を確認できます。 改修案として、人が集まり水辺に親しめる散歩道の提案とそれを実現するための河川の2層式構造や、施工が簡単なデッキの提案などを見ることができます。

 審査員特別賞 地域づくり賞
 NPO 地域づくり工房 代表  傘木 宏夫 氏
 「〜いつかきっと帰りたくなる街づくり事業〜
 ドリームゾーン!淡路市夢舞台サスティナブル・パーク-コンパクトシティーを目指して-」

 兵庫県淡路市役所
2000年に開催された淡路花博ジャパンフローラ2000の跡地の活用のため、国営明石海峡公園に隣接する自然に恵まれた場所をVR化。パーク内の造成や景観イメージを分かりやすくし、パーク形成の過程の記録、企業誘致活動等に利用する。職と住を一体化したコンパクトシティーの実現を目指し、医療・福祉ゾーン、企業誘致ゾーン、住宅・商業ゾーンをVRで表現している。
カメラ位置「全景01」「全景02」で計画地の全貌とサスティナブル・パークを確認することができます。アニメーション「全体概要」を実行するとパーク内を一巡することができ、「地域商業住宅エリア」「福祉エリア」「住宅エリア」「企業誘致エリア」のイメージ体験可能です。特に、丘から大阪湾を背景に街を見下ろす風景は非常にリアルです。

 審査員特別賞 セーフティ賞
  道路・舗装技術研究協会 理事長 稲垣 竜興 氏
 「スマート技術体験シミュレーション」
 ミツミ電機株式会社
車載用小型広角カメラやミラキャストを活用した車載システムのPR用に作成された、体験型DS用のデータ。駐車場、住宅街、大通り、高速道路の各景観が表現され、カメラによる発進時の死角の安全確認や魚眼レンズによるアラウンドビューを使った駐車支援システム、人の飛び出しや車線はみ出しに等に対する注意喚起システムの体験を行う。また、ミラキャストによりスマホの映像をナビモニタに表示し、最新の地図がいつでも使用可能となるほか、スマホ内のコンテンツをそのまま楽しめるという内容も展示に盛り込まれた。
シナリオ「Cloud版体験デモ」を実行することで、スマート技術車載システムのイメージを体験できます。発車時や狭い路地、IC入口、駐車時等の各状況により、死角の安全確認や、人の飛び出し、周辺車両に関する注意喚起など、運転支援のイメージが表示されます。

 審査員特別賞 デザイン賞
  日本大学 理工学部 土木工学科 教授 関 文夫 氏(審査委員長)
 「地下快速路設計業務」
 中国交通運輸部公路科学研究院(RIOH)
8DOF-DSと連携して実験を行った中国南地方の実プロジェクト。トンネルの出入り口での、小半径曲線空間におけるドライバーの運転行為のログデータに基づいて、地下快速路の安全性及通過性を評価し、実際のプロジェクトの設計や施工段階へのアドバイスが行われている。
カメラ位置「Z9/Z19」、「交織区/交織区2」修正後を選択すると、地下快速路のランプ接続のイメージを見ることができます。アニメーション「地下快速路」を実行すると、地下快速路の全景や内部走行イメージが確認できます。また、アニメーション「坑口影表現」を選択すると、特徴的なデザインの坑口や影のシミュレーションを見ることができます。

 ノミネート賞
 「漁港のある街並み景観VRシミュレーション」
 株式会社創造技術
本VRは、「漁港のある町並み」の周辺地域を含めた景観VRシミュレーションを作成したものです。町並みの景観VRシミュレーション作成することにより通学路、漁港周辺における道路状況等の視認性確認および天候、時間の変化が可能となり今後の道路整備おける改良ポイントの抽出等に活用する基礎料となる。
アニメーション「Script1」を実行すると、俯瞰視点や路地の走行などを行い、町全体の様子を順番に見ることができます。カメラ位置には、漁港の様子、路地や交差点の様子、工事現場の様子などが設定されています。

 ノミネート賞
 「スマートインフラへの取組」
 NSW道路安全センター/ウーロンゴン大学
Sydney市の南を走るPrinces Motorwayの3Dバーチャルモデル。このシナリオでは、CITシステムがどのように機能しているのかのデモが行えたり、インタラクティブな運転を体験できます。
Wollongongへ行くまでの下り道、トラックは速度40kph、左2車線での運転を制限されているが、その他の車両は速度80phで走行する。シナリオでは、次の状況を警告メッセージとしてトラックキャブの中に搭載されているディスプレイに表示する。
カメラ位置を順番に見ていくと、主要な交差点や立体交差の状況を確認できます。また、アニメーション「MtOusley-Intro」を実行するとプロジェクト全体の紹介を見ることができます。シナリオを実行すると、交差点や前方車両に対する警告等の警告メッセージを出す安全対策を体験することができます。

 ノミネート賞
 「名古屋市街VRシミュレーション -グリーンモビリティ社会の実現に向けて-」
 名古屋大学
環境への負荷が少なく、安全かつ安心な交通手段及びシステムであるグリーンモビリティ社会。その実現を目的とした研究用モビリティビークル・ドライビングシミュレータにおいて活用されるVRデータ。名古屋ICから名古屋大学までの市街地を高精度に再現し、実験目的に合わせた各種シナリオ設定を行うことが可能。世界初(※)の6軸モーションを備えた4K3D表示対応CAVE型ドライビングシミュレータでの走行により、臨場感溢れるVRシミュレーションを実現した。
※2015年6月現在、公開されているシミュレータとして。
名古屋ICから名古屋大学までの市街地をおよそ7kmに渡り高精度に再現しています。アニメーションでは、インターチェンジ〜上社JCT、東山公園〜名古屋大学敷地内までをコンパクトに紹介しています。上り坂、下り坂、緩やかなカーブが続いた山手グリーンロードを現地の通り再現している点も、見どころです。

 ノミネート賞
 「クローバー型インターチェンジの設計」
 青島市政工程設計研究院
中国山東省青島市にあるジャンクション業務の検討にUC-win/Roadを用いてクローバー型インターチェンジの設計案をモデリングした。また、VISSUMの解析結果と連携し、周辺複雑な道路交通環境を再現し交通信号の最適化も行い、複雑なジャンクション設計案の検討に活用した事例である。
カメラ位置を順番に見ていくと、巨大な立体交差の構造や周辺の建物、交差道路等を様々な視点で確認することができます。また、アニメーション「立体交差」を実行すると、俯瞰視点のほか、道路走行、遊歩道・歩道橋の歩行シミュレーションを見ることができます。

   コンテスト概要

2002年のUC-win/Road「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー」受賞を機に毎年開催。本フェスティバルのメインイベントとして多くの優秀な作品が発表されており、2011年からはVR-Cloud®によるクラウド投票がイベントを盛り上げています。
UC-win/Roadによる3D・VRシミュレーションの作品コンテストです。スクリプト(5分)、シナリオで作品を表現します。
クラウド上で作品公開・一般投票を実施いたします。自宅やオフィスなどから、作品の閲覧と一般投票が行えます。

   コンテストの流れ
作品募集要項 ノミネート作品一覧 投票ページ
受付は終了いたしました。
受賞作品 選定結果

2015年10月9日(金)  作品応募締切
応募基準・提出物
・UC-win/Roadで作成されたVR データ(スクリプト必須/CD-ROM、DVD 等のメディアに保存)
・VRデータの概要(150字以内)、操作方法
提出物送付先
〒108-6021東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F (株)フォーラムエイト システム営業グループ 第14回コンテスト受付係 宛

2015年10月16日(金)  ノミネート作品審査会

フォーラムエイト東京本社セミナールームにてノミネート作品審査会を実施。 審査員 左から
傘木 宏夫 氏、関 文夫 氏(審査委員長)、稲垣 竜興 氏

2015年11月7日(土)〜 11月15日(日)  クラウド一般投票期間

VR-Cloud® インストール VR データの閲覧・操作 評価・一般投票

VR-Cloud®インストールはこちら

2015年11月17日(火) 受賞作品本審査会
フォーラムエイト 東京本社
 MAP
審査員受賞作品選考会
投票による順位点および特別賞順位点により審査員が選考。一般投票70%、当社選考委員30%の重み付けで集計。

2015年11月19日(木)  品川インターシティ ホール MAP
第14回 3D・VR シミュレーションコンテスト オン・クラウド 各賞発表と表彰式


   審査員プロフィール

審査委員長
関 文夫 氏

日本大学 理工学部 土木工学科 教授

日本大学理工学部土木工学科卒業後、入社した大成建設にて土木設計部設計計画室に所属し、橋梁エンジニアとして設計・現場勤務を経て、道路構造物や河川、港湾、講演などのデザイン等に取り組む。2011年より現職。
傘木 宏夫 氏
NPO 地域づくり工房 代表

環境アセスメント学会理事、自治体問題研究所理事、長野大学非常勤講師、木崎湖温泉開発株式会社取締役、長野県大町北高校学校評議員。著書に『仕事おこしワークショップ』(2012年)他。平成17年度地球温暖化防止活動環境大臣賞受賞。
稲垣 竜興 氏
道路・舗装技術研究協会 理事長

財団法人道路保全技術センターにて情報技術部長を歴任。著書として、「漫画で学ぶ舗装工学」シリーズをはじめ、舗装工学、道路工学に関わる書籍を多数執筆。道路・舗装の技術発展と研究開発の推進活動を進めている。


   各賞・賞品

  グランプリ   優秀賞   特別賞 [アイデア賞/エッセンス賞]   審査員賞   ノミネート賞
  重複しての受賞はありません。
グランプリ
最優秀賞
賞状・トロフィー、ハイスペックPC、図書カード

14.0型 ハイパフォーマンス・ノートPC
(Lenovo ThinkPad T450
NVIDIA Graphics搭載パッケージ)
図書カード 25,000
優秀賞
準グランプリ
賞状、ハイスペックPC、図書カード

14.0型 ハイパフォーマンス・ノートPC
(Lenovo ThinkPad T440p
ハイパフォーマンスパッケージ)
図書カード 10,000
特別賞
アイデア賞・エッセンス賞
賞状、タブレットPC、図書カード

ソニー エクスペリア
10.1インチ タブレット
(Xperia Z4 Tablet SGP712JP)
図書カード 2,500
審査員賞
審査員賞
賞状、デジタルカメラ、図書カード

ソニー サイバーショット
デジタルスチルカメラ
(DSC-RX100)
図書カード 2,500
ノミネート賞
ノミネート賞
表彰盾、図書カード

セミクリスタル盾、東京宿泊ご招待
図書カード 2,500


   一般投票




一般投票期間:2015年 11月 7日(土)〜15日(日) 

ノミネート作品一覧・投票ページの 閲覧・操作/評価投票・入力ページへ ボタンより、VRデータの閲覧・操作と評価を投票いただけます。
1作品から投票は可能です。投票は複数回実施することが可能ですが、1度投票した作品の投票内容は変更できません。
是非、全ての作品をご覧いただき、各賞をご投票して下さい。

VRデータの閲覧・操作方法については、 HELP : VRコンテストの投票の流れ をご確認ください。


   作品募集要項

作品応募締切 2015年10月9日(金)
応募基準・提出物 ・UC-win/Roadで作成されたVR データ(スクリプト必須/CD-ROM、DVD 等のメディアに保存)
・VRデータの概要(150字以内)、操作方法
提出物送付先 〒108-6021 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
(株)フォーラムエイト システム営業グループ 第14回コンテスト受付係 宛
応募作品の著作権等 受賞作品のVRデータの著作権は、応募者に帰属するものとします。
提出されたデータの配布は行いませんが、フォーラムエイトは、著作者が制作したデータ、作品および成果物について、出力画像・動画等の編集・加工を行い、対外発表、研究発表、営業活動、広報活動として、HP、広報誌、書籍、雑誌、新聞等媒体における掲載・紹介など、二次使用許諾権利を持つものとします。あらかじめご了承ください。
応募に関するお問合せ先 TEL: 03-6894-1888  FAX: 03-6894-3888  E-mail: forum8@foum8.co.jp
ノミネート予選選考会 本選へのノミネート作品は、2015年 10月 16日(金)に決定いたします。
2015年 10月 16日(金) ノミネート予選選考会


   関連製品



道路事業・公共事業における合意形成を支援する3次元リアルタイムVRソフトウェアパッケージ

VR-Cloud(R)

クラウドサーバ上で3D・VRを利用する合意形成ソリューション。インターネット環境さえあれば、シンクライアントでもWebブラウザでVR空間を操作できます。

活用例:大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学 福田知弘研究室
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲デザインミーティングの例
・手書きデザイン入力(注釈機能)
・ビデオ会議システム(Skype)を
利用した協議シーン
▲視点位置は、
VRで シーンを自在に選定
▲景観評価付きの3D掲示板機能


   過去コンテスト作品紹介
Page Top